フリーローンの審査条件・金利比較・借り換えの利用方法

フリーローン 審査

フリーローンは本当に便利なサービスです。
その前にカードローンの融資にはいろいろなサービスががありますが、融資の一つの種類としてフリーローンというものがあります。

 

フリーローンは名前の通り、無担保で借り入れをすることができる上、使い道を報告する必要が無いローンの形態であり自由度が高いローンとなっています。

 

中でも利用しやすさ&安心感で人気があるのが「三井住友カードローン」になります。

三井住友銀行カードローン

低金利で高額融資も可能!
金利は4.0%~14.5%、利用限度額は800万円と余裕があります!
極度額300万円以内なら収入証明書の提出も不要!
審査時間は最短30分!
銀行カードローンとは思えない迅速なスピードです。
最短即日融資にも対応
三井住友銀行のローン契約機プロミスの自動契約機も利用できて
申し込み場所が多い!利用時間も長くて便利!!

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの特徴と体験談はコチラから確認できます。

オリックス銀行カードローン

最短即日審査可能!
最短即日審査に対応しており審査が迅速と評判です!
年金利 は3.0%~17.8%
低金利を実現!業界最低金利に挑戦中!
利用限度額が300万円以下なら所得証明書も不要です!

オリックス銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

最短即日融資余裕の利用限度額が魅力のみずほ銀行カードローン
「コンフォートプラン」「エグゼクティブプラン」の2つのプランを用意!
最短即日審査可能!(みずほ銀行口座のある方)
みずほ銀行に口座が無くても最短即日審査可能!!
WEB完結申し込みにも対応しているので来店も郵送も不要です!

みずほ銀行カードローン

銀行カードローンのフリーローンランキング

低金利でおすすめの銀行カードローン・ランキングはこちらから確認できます!

 

消費者金融のフリーローンランキング

即日融資&サービス重視でおすすめの大手消費者金融ランキングはこちらから!

 

フリーローンを無利息で利用したいときは無利息ローンサービスを確認願います!


フリーローンとカードローンの違い【フリーローンの特徴】

フリーローンのもう一つの大きな特徴として、借入を申し込み、
審査に通った時点でスグに融資が可能になることがあげられます。

 

カードローンの場合は、申し込みをして審査に通っても借り入れのタイミングを選んだり、
追加借り入れが自由にできるメリットがあります。

 

しかしフリーローンの場合は通常のローンと同じように借り入れを一度だけしたらあとは返済のみになり、
新たに借り入れをしたいときには、別途申し込みが必要であり審査も必要になってきます。

 

そのため、フリーローンを利用する場合には、毎月の生活費の不足分を
補填するなどの細分化して利用するケースには向いていません。

 

一方で、ある程度まとまった金額の借入をすることができる上に、
完済すればすぐに契約が消えるので、一度限りの借入の時にはフリーローンが向いています。

 

フリーローンとカードローンの違い!

フリーローン審査,

カードローンのメリットは借入限度額の範囲内でしたら何度でも借入をすることが可能ですが、

 

フリーローンでは最初に契約通りの金額を借入したら、それ以降は追加借り入れは行えません。

 

例えば30万円をフリーローンで借入して、10万円を返済したら利用限度額としては10万円分の余裕ができます。
このケースでローン形態がカードローンだったら借入枠まで何度でも借り入れすることができます。
しかしフリーローンでは、新たに10万円を借入することはできません。

 

フリーローンのデメリットは、実は最大のメリットである!

以上のようにカードローンの方が利便性は高くメリットとも言えます。

 

しかし逆に何度でも借入限度内まで借りることが可能なカードローンは、
いつまで経っても完遂できずに利息ばかりが膨らんでしまい
最後には破綻してうケースも多く、必ずしもメリットとはいえないです。

 

その点フリーローンはわかりやすく、一度契約通りの金額を借入したら、
後はひたすら返済するだけです。

 

新規にお金が必要になったら追加申請を行えば良いわけですが、
追加申請は多重債務者への始まりにもなりますので、
一度、現状の借入分を完遂してから次の借り入れの検討をする癖を付けた方が良いです。

 

フリーローンは追加借り入れが出来ないのがデメリットのように感じられますが、
圧倒的にフリーローンの方が完遂率も高く、借金の考え方もシンプルなので

 

困ってお金を借りる時は一時的なので、フリーローンで借りて
なるべく速く完遂できるように努力するのが最善です。

 

↓↓使い道が自由で人気のフリーローンのランキング一覧です↓↓

フリーローン審査ランキング

>>人気のフリーローン審査ランキングはこちらから<<

消費者金融と銀行カードローンで迷った時の選び方

フリーローン審査,

最近は消費者金融会社も銀行系のカードローン会社もクレジットカード系の信託会社もキャッシング業界に積極的に乗り込んで来ているので、どれにしたら良いか迷ってしまいますよね!

 

各社で審査基準も異なりますし便利なサービス内容もことなるので混乱してしまいます。

 

しかしフリーローンの選び方で重要なのは金利返済期間です。

 

銀行カードローンであれ、消費者金融キャッシングであったとしても、
フリーローンであれば、お金を借りるときに使用目的を問われることは無いです。

 

申し込みで重要なのは、返済可能かどうかの返済実現性です。

 

金利と返済期間で消費者金融と銀行カードローンを比較

まずお金借りる時の目安として、返済期間金利に着目して選択してみましょう。

 

具体的な特徴として賃金業社によってサービス内容が異なるため一概には言えませんが、
カードローンと名が付くものは返済期間が長期間の代わりに金利が安く
キャッシングと名が付くものは返済期間が短い代わりに金利が高いという特徴を有しています。

 

また消費者金融は賃金業法の総量規制が適用されていますので、年収の1/3までしか借り入れは行えません。
一方、銀行カードローンは総量規制の対象外ですので、収入の無い専業主婦の方でも申込可能です。

 

そのため消費者金融は金利が高い代わりに審査もゆるめな傾向にあり、
逆に銀行カードローンは、金利は低いが借入審査は厳しい傾向にあります。

 

フリーローンと目的別ローンを比較

また、場合によってはフリーローンではなく目的別ローンを利用するという方法もあります。

 

比較的知られているのが住宅ローンやマイカーローンなのですが、最近では趣味のものを購入する際に
その購入したものを担保にお金を貸しますというカードローンなどもあります。

 

お金借りる時と言うのは緊急の場合も多いのですが、こういった特徴や選び方を踏まえながら
しっかりと返済を考えて選ぶことが大事です。

 

 【三井住友銀行カードローン】 一番利用しやすくて安心!!
 金利は4.0%~14.5% 極度額300万円以内なら収入証明書の提出不要
 審査時間は最短30分! 最短即日融資にも対応しています!
 三井住友銀行のローン契約機プロミスの自動契約機も利用できる!

三井住友銀行カードローン


主婦や専業主婦がフリーローンの審査を申し込む時の注意点

フリーローン 審査

専業主婦の方はフリーローンの審査に合格するのは厳しいです。
キャッシング業界的には専業主婦と言うのは、自らの収入がゼロの主婦のことを示します。

 

自らの収入が無い人と言うのは、フリーローンを利用しても返済能力がゼロと言う事からも審査に通る事は出来ません。

 

お金を借りるということは、返済義務が発生する事なので、借入審査に通らないことは当然の話です。

 

主婦の方でしたら消費者金融も銀行カードローンも選び放題

パートや派遣業務などで継続収入が期待できる主婦の方でしたら賃金業社は選び放題です。

 

消費者金融は総量規制が適用されていますので、収入の1/3までしか借入できませんが、
希望借入金額を自分の年収に見合ったものにすれば、収入のある主婦の方は賃金業社を選ぶのに困りません。

 

即日にお金が必要でしたら大手消費者金融の即日融資サービスを利用できますし、
金利が気になるようだったら、無利息ローンサービスを利用すれば利息はゼロにできます。

 

キャッシングが初めてで不安がある方でしたら、レディースキャッシングサービスを利用すれば
安心してお金を借りることができます。

 

このように働いている主婦の方でしたら、安定収入が見込めるとして返済能力も高いと
借入審査で判断してもらえるので、フリーローンの審査も通りやすくなります。

 

収入の無い専業主婦の方がフリーローンを利用するにはどうすれば良いの?

消費者金融では収入の無い専業主婦の方がフリーローン審査に申し込むのは厳しかったですが、

 

しかし最近では、銀行などの金融機関では、フリーローンの申し込み者の対象者に
専業主婦が入っている金融機関が多くなってきています。

 

収入が無い専業主婦の方がが何故お金を借りることが出来るのでしょうか?

これは配偶者の収入が安定している事や継続収入が見込まれる場合に限り、
審査に受かれば、フリーローンを利用する事が出来るようになっているのです。

 

尚、銀行により条件が異なりますが、配偶者がアルバイトや年金受給のみの場合や、
金融機関が指定している年齢制限を満たしていないと申し込みをしても利用する事が出来ません。

 

申込み条件をクリアしていれば専業主婦の方でも審査を受けることで、
フリーローンの利用が可能になっています。

 

因みに、専業主婦が利用出来るフリーローンは一般的な利用限度額ではなく、
金融機関が定めた固定した金額になっているケースが多いです。

 

一般的には専業主婦が借入できる上限金額は30万円までと言った銀行カードローンが多く
無理なく返済が出来る利用限度額が設定されているケースが多いです。

 

↓↓使い道が自由で人気のフリーローンのランキング一覧です↓↓

フリーローン審査ランキング

>>人気のフリーローン審査ランキングはこちらから<<


学生がフリーローンの審査を申し込む時の注意点

フリーローン 審査

学生がフリーローンを利用することはできるのか疑問があります。
学生でも基準を満たせば、消費者金融の審査に申し込んで便利なキャッシングサービスを利用できます。

 

学生がフリーローンサービスを利用するためには、安定した継続収入が必要不可欠となります。

 

銀行系のフリーローンサービスであれば、定職に就いていなければ申し込みが不可となっているケースが多くみられます。

 

しかし消費者金融であれば、一定の条件を満たすことで定職に就いていない学生であっても
借入審査の申し込みやフリーローンの利用をすることができるという大きな特徴があります。

 

学生が消費者金融でフリーローンを利用する必須条件

学生が消費者金融からお金借りるための前提条件とし下記のことが必要です。、
●20歳以上であることと
●アルバイトをしていて継続的な収入があること

 

お金を借りることのできる賃金業社は、未成年では単独契約が不可と法律で定められています。
そのため、20歳未満は利用することが不可となります。

 

またアルバイトなどを一切しておらず、収入が皆無だという場合も、利用することは難しいです。

 

学生がフリーローン審査を申し込むのに便利なスマホ

これらの前提条件を満たした上で学生が消費者金融でお金借りる手段として便利なのがスマートフォンです。

 

今の学生さんだったらスマホの取り扱いも慣れているので問題ないでしょうね。

 

最近の消費者金融は、ネットで申し込みを完結できるという特徴があり、
パソコンやスマートフォンなどで簡単に申し込みができるのです。

 

ネットで消費者金融のサイトにアクセスをし、ウェブ上で申し込みをします。
その後、電話やメールで連絡が来るので、本人確認書類などをカメラアプリで撮影して提出します。

 

そのあとは、確認事項の書類などをメールで受信して確認することでフリーローンを利用することができます。

 

↓↓使い道が自由で人気のフリーローンのランキング一覧です↓↓

フリーローン審査ランキング

>>人気のフリーローン審査ランキングはこちらから<<


フリーローンはおまとめローン(借り換えローン)にも利用できる

フリーローン借り換え

おまとめローンとは複数の借入先の借金を一つにまとめることを言います。
銀行フリーローンなら借入限度額も高いので、「おまとめローン」にも利用できます!

 

おまとめローンの審査基準に関しては、それぞれの金融業者の判断になりますが、
通常のフリーローンのケースより審査は厳しくなる傾向にあります。

 

それは、おまとめローンは今までの他社で借りていた借金を一社にまとめることになりますので、
一社で肩代わりする分、審査は厳しくなるのは仕方が無いです。

 

ちなみに「おまとめローン」は、今までの借金を1つの借入にまとめるローンを示します。
逆に「借り換えローン」は、1つづつ借金をまとめていく(借り換えていく)ローンの方法です。
しかし、おまとめローンも借り換えローンも借入の進め方は同じであり考え方も同じです。

 

おまとめローン(借り換えローン)のメリット

おまとめローンを利用する人は複数社から借り入れがありますが、一本にまとめることで返済の負担を軽くすることが可能です。

 

消費者金融など貸金業法により運営している業者には総量規制がありますが、
おまとめローンの場合には、総量規制が適用されないケースがあり
おまとめローン(借り換えローン)を利用するメリットになっています。

 

総量規制が適用されないケースは、利用者が一方的に有利となる借り入れに関しては総量規制が適用されない特徴があり、
消費者金融や信販会社からでもおまとめローン(借り換えローン)を利用できる可能性があります。

 

おまとめローン(借り換えローン)の審査基準

おまとめローン(借り換えローン)の審査基準に関しては、金融業者ごとに異なりますので、
総量規制が適用されないからといって必ずしも審査に通るとは限りません。
しかし、総量規制の枠を超えていても利用出来る可能性はあります。

 

おまとめローン(借り換えローン)を利用するメリットは、借入合計金額がが高額となることで低金利が適用される点にあります。
また一括返済することで利息の軽減が図れるため、総返済額を減らすことが可能なのです。

 

おまとめローン(借り換えローン)の審査基準は業者によって異なりますので、たくさんの金融業者に相談することが大切です。

 

消費者金融のおまとめローン(借り換えローン)では金利が高いケースがありますので、
おまとめローン(借り換えローン)を行う時には、銀行カードローンのフリーローンが最適です。

 

特に三井住友銀行カードローンでしたら審査も早くて借入限度額も800万円まで可能なので
おまとめローン(借り換えローン)を行うときにも最適なカードになります。

 

 【三井住友銀行カードローン】 一番利用しやすくて安心!!
 金利は4.0%~14.5% 極度額300万円以内なら収入証明書の提出不要
 審査時間は最短30分! 最短即日融資にも対応しています!
 三井住友銀行のローン契約機プロミスの自動契約機も利用できる!

三井住友銀行カードローン


お金を借りる前に知っておきたい金融法令

日本賃金業協会

2010年6月に賃金業法は改正され金融関連の法律は大きく変わっています。

 

実際にお金を借りる前に確認して置く必要がある重要な事例が多いです。

 

詳細は「日本賃金業協会」のHPが参考になります。

 

お金借りる前に特に確認が必要な賃金業法
総量規制

個人の借入総額は年収の3分の1までに制限(ただし一部除外または例外となる借入もある。)
個人向け融資している消費者金融は該当します。(銀行は銀行法が適用されているので対象外です。)

 

上限金利の引き下げ

出資法の上限金利が利息制限法で定められていた20%に引き下げられました。
これによりグレーゾーン金利と呼ばれていた金利帯が撤廃され上限金利は一律20%になっています。
20%以上の貸付は刑事罰対象であり処罰されます。
以前に20%以上の高い利息で支払っていた方は過払い金として返還請求できます。

 

指定信用情報機関制度

内閣総理大臣が指定する指定信用情報機関に届け出することが義務化されています。
これにより個人の借入状況は全てデータベーズで一元管理され賃金業社はすぐに最新情報を確認できます。
フリーローンの申し込みで虚偽の申告をしてもすぐにバレてしまいます。

 

収入証明書の提出義務

以下のケースで融資を受ける場合は、収入を証明する書面の提出が必須になっています。
・一つの貸金業者から50万円以上の融資を受ける場合
・複数の貸金業者から総計100万円以上の融資を受ける場合
収入証明書は「源泉徴収票」「所得証明書類」等が該当します。

 

↓↓使い道が自由で人気のフリーローンのランキング一覧です↓↓

フリーローン審査ランキング

>>人気のフリーローン審査ランキングはこちらから<<