フリーローンの審査に落ちた場合、次に申し込むときの注意点

フリーローン

フリーローンの審査に落ちた場合、色々な要因を考えることが出来ます。
まず借入の重要な法律である総量規制に引っかかっていないか
確認が必要です。

 

総量規制の法律では、年収の1/3までしかお金を借入できないことになっています。

 

一社でフリーローンを申し込んでいる場合は、わかりやすいですが、
数社の金融機関から借入をしている場合は注意が必要です。

 

総量規制に引っかかっている場合、新たなフリーローンを契約することは
法律で規制されているため、違う消費者金融に申し込みを行っても借入はできないです。

 

総量規制に引っかかっていない場合は、過去に返済の遅延している経緯が無いか、
自己破産や金融事故として記録されている事が無いかの確認が必要です。

 

現在では個人情報は個人情報機関で一元管理されていますので、
違う消費者金融を利用したとしても、全ての情報は筒抜けになっています。

 

返済遅延金融事故があった場合、その個人信用情報を参照するので
例え違う消費者金融と言えども借入は難しくなってしまいます。

 

個人情報機関に確認をしても遅延などの事故情報が無く、
心当たりが無い場合は、何かしらのマイナス要因があって審査が落ちたことが考えられます。

 

その場合、他の消費者金融のフリーローンを申込みしてみる方法はありますが、
短い期間に3か所以上のフリーローンの申し込みを行うと、
申し込みブラックとなってしまい、余計に審査が通らなくなってしまいます。

 

期間が短く申し込むのでしたら、2社の消費者金融までに留めて置くのが無難です。

 

2社の消費者金融の審査で落ちた場合は、半年間の空白期間を取って
再度、別の消費者金融のフリーローンサービスに申し込みをするのが良いです。

 

通常は半年で与信情報は消えるようになっていますので、半年間、見とけば安心です。

 

審査で落ちるのは、個人信用情報返済能力のどちらかに
何かしらの理由があるはずなので、今一度冷静に考えて見ることが必要です。

 

金利が安い銀行カードローンなら

【三井住友銀行カードローン】金利も安くて安心!
金利は4.0%~14.5%、利用限度額は800万円と余裕があります!
WEB完結申し込みにも対応!
普通預金口座をお持ちなら迅速に手続きできます!
三井住友銀行のローン契約機プロミスの自動契約機も利用できる!

三井住友銀行カードローンの詳細はこちらから確認できます!


即日に借りたい消費者金融なら

【プロミス】即日借りるサービスが豊富!
平日14時過ぎでも土日・祝日でも自動契約機で短当日借りられる!
自動契約機(ATM)の店舗数は全国No1
プロミスの自動契約機三井住友銀行のローン契約機も利用できる!

プロミスキャッシングの詳細はこちらから確認できます!

 

↓↓使い道が自由で人気のフリーローンのランキング一覧です!↓↓

フリーローン審査ランキング

>>サービス&金利を総合して選ぶ「おすすめフリーローン」の詳細はこちら<<

【フリーローンのメリット】の関連記事

フリーローンの審査に落ちた場合、色々な要因を考えることが出来ます。まず借入の重要な法律である総量規制に引っかかっていないか確認が必要です。総量規制の法律では、年収の1/3までしかお金を借入できないことになっています。一社でフリーローンを申し込んでいる場合は、わかりやすいですが、数社の金融機関から借入...

生活のためにどうしてもお金を借りなければならない時はあります。そのような時には、銀行や大手消費者金融などの金融機関から借り入れができず、中小系の消費者金融のフリーローンを利用する方もいます。消費者金融でフリーローンを行う場合に気をつけなければならないのが悪徳業者です。悪徳業者とフリーローンの契約をし...

2010年6月に制定された総量規制という法律があるために、専業主婦の方が利用できるカードローンは限られているのが現状です。消費者金融は総量規制の対象になっていますので、専業主婦がお金を借りる場合には銀行系のフリーローンを利用することになります。ただし、銀行の独自の判断によって専業主婦への貸付を行って...