フリーローンの選択基準は、やっぱり金利が安いに限る!

フリーローン,審査,ランキング,審査基準

フリーローン(フリーローン)を利用していく上で、非常に重要な要素となってくるのが金利です。

 

これによって発生する利息の割合が変わってくるため、返済の負担を少しでも軽くしたいと思うのであれば、

 

出来る限り金利の低いフリーローンに申し込みをすると言ったことが必要になってきます。

 

一般的に、フリーローンを取り扱っている消費者金融や銀行フリーローンを比較すると、
銀行フリーローンの方が安い利息で利用出来る可能性が非常に高くなっています。

 

銀行フリーローンでは、そもそもの設定金利が低めになっていることに加えて、
手数料などを節約できる可能性も高くなるのが理由です。

 

もし、フリーローンを利用する目的が「生活費」など必須資金であった場合は、
返済リスクを減らすためにも十分な比較検討を行うことが大切です。

 

フリーローンを金利が安いだけで決めるのは問題!?

ただし、安易に金利が低いという理由だけでフリーローンを選んでしまうのはリスクが付きまいます。
そのため、フリーローンを選択するときには総合的な面から判断する必要があります。

 

例えば、比較的金利が低めになることが多い銀行フリーローンですが、
消費者金融フリーローンと比べると「審査基準が高い」と言った一面があります。

 

銀行フリーローンは好条件で利用出来る代わりに、
ある程度のしっかりした個人属性を持っていなければ契約が出来ないという事です。

 

銀行フリーローンと消費者金融ではどちらを利用した方が良いの

ただし、収入面で自信が無いという場合には消費者金融フリーローンが、おすすめとなる可能性も出てきます。

 

しかし消費者金融フリーローンの場合は、「総量規制」の影響を受けることになる為、
年収に対して借入金額に制限が設けられてしまいます。

 

例えば、100万円の借り入れを希望するのであれば年収は300万円以上ある必要があり、
状況的に見ると400万円を超えてこないと可能性が低くなってしまいます。

おすすめの消費者金融のフリーローンはこちらから確認できます。

 

もしも自分の年収が基準に達していない場合、希望をかなえられる可能性が無くなってしまうのですが、
銀行フリーローンの場合は総量規制の対象とならない為、審査如何では希望をかなえられる可能性があります。

 

銀行フリーローンは「契約難易度」と言う意味では難しい部分もありますが、
総合的に見ると上限金額の高さ&金利の低さから見て消費者金融よりもメリットは多くなります。

おすすめの銀行のフリーローンはこちらから確認できます。

 

金利が安い銀行カードローンなら

【三井住友銀行カードローン】金利も安くて安心!
金利は4.0%~14.5%、利用限度額は800万円と余裕があります!
WEB完結申し込みにも対応!
普通預金口座をお持ちなら迅速に手続きできます!
三井住友銀行のローン契約機プロミスの自動契約機も利用できる!

三井住友銀行カードローンの詳細はこちらから確認できます!


即日に借りたい消費者金融なら

【プロミス】即日借りるサービスが豊富!
平日14時過ぎでも土日・祝日でも自動契約機で短当日借りられる!
自動契約機(ATM)の店舗数は全国No1
プロミスの自動契約機三井住友銀行のローン契約機も利用できる!

プロミスキャッシングの詳細はこちらから確認できます!

 

↓↓使い道が自由で人気のフリーローンのランキング一覧です!↓↓

フリーローン審査ランキング

>>サービス&金利を総合して選ぶ「おすすめフリーローン」の詳細はこちら<<

【フリーローン選び方】の関連記事

消費者金融ならびに銀行が提供しているフリーローンは、審査に担保や保証人が不要で使途も原則的に自由に利用することができる非常に便利なものです。例えば、何らかの理由で急にお金が必要になったと言う時でも、最短即日で融資を受けることができるので緊急事態に対する保険として考慮しておいても有効なものです。フリーローンでお金借りる選定方法非常に便利なフリーローンですが、実際にどのような決め方で申し込み先を選ぶべ...

今現在、非常に高い金利が設定されているフリーローンを利用していたり、複数の会社から借り入れをしていると言った状況にある人は、より条件の良いフリーローンに「借り換え」することで大きく状況を改善できる可能性があります。おまとめローンのメリットいわゆる「おまとめローン」を利用することで得られるメリットには下記があります。返済日が1つになる!金利が下がることで返済の負担が減る!早期完済の可能性が高くなるた...

日々の暮らしの中では急な出費に見舞われることが多いものです。自宅の家賃や食費、生活費、それに税金や保険料の支払いに至るまでその可能性は幅広く存在します。仕事関連の飲み会費用や趣味やファッションのための出費で、数万円規模のお金が必要になることもあるでしょう。もしもそれらの金額を自費で賄えないような時には、フリーローンを活用して自由に借り入れを行うという手段があります。便利なフリーローンの種類alig...