銀行が提供する総量規制対象外のフリーローンの特徴

フリーローン,審査,金利

日々の暮らしの中では急な出費に見舞われることが多いものです。
自宅の家賃食費生活費、それに税金保険料の支払いに至るまでその可能性は幅広く存在します。

 

仕事関連の飲み会費用や趣味やファッションのための出費で、数万円規模のお金が必要になることもあるでしょう。

 

もしもそれらの金額を自費で賄えないような時には、フリーローンを活用して
自由に借り入れを行うという手段があります。

 

便利なフリーローンの種類

align="right" フリーローンとはその使用用途を限定されることなく、
利用者が借入金を自分の思うがままに使うことができるローンのことです。
そのため借入金を何に使うのかを融資元に報告する必要もありません。

 

またフリーローンにも担保ありのものと担保なしのものがあり、
担保ありのフリーローンの場合は、店舗窓口などでの綿密な契約手続きが必要です。

 

しかし、担保なしのフリーローンでしたらネットや電話、自動契約機などから簡単に申請が行えて、
なおかつ審査スピードも極めて速いのが特徴です。
最速だと30分程度で審査結果の報告がなされるものもあります。

 

銀行と消費者金融のフリーローンの違い

ただし、同じフリーローンでも銀行消費者金融だと契約の特徴が大違いです。
というのも消費者金融は貸金業法によって規則が定められており、
なおかつ総量規制という決まりごとを遵守しなければなりません。

 

総量規制によると消費者金融は利用者の年収の3分の1を超える融資を行ってはいけないのです。
このため総量規制を超える融資は、利用者の返済能力を超えて返済不能に陥る可能性が高まると判断されてしまうのです。

 

その点、銀行は銀行法によって運営されていますので、総量規制対象外です。

 

条件さえ満たせば、年収の3分の1を上回る金額を借り入れることも可能となるのです。
これは申請者の職業とも大きく関係することになります。

 

つまり消費者金融では会社員を始め、自営業、パート、アルバイトなど
何らかの安定した収入を得ていることが借り入れの条件となります。

 

しかし、銀行でのフリーローン契約においては、原則としてこれらの条件は求められることがありません。
専業主婦やフリーター、無職などでも返済能力さえ認められれば借りることが可能となります。

 

↓↓使い道が自由で人気のフリーローンのランキング一覧です!↓↓

フリーローン審査ランキング

>>サービス&金利を総合して選ぶ「おすすめフリーローン」の詳細はこちら<<

【フリーローン選び方】の関連記事

消費者金融ならびに銀行が提供しているフリーローンは、審査に担保や保証人が不要で使途も原則的に自由に利用することができる非常に便利なものです。例えば、何らかの理由で急にお金が必要になったと言う時でも、最短即日で融資を受けることができるので緊急事態に対する保険として考慮しておいても有効なものです。フリー...

今現在、非常に高い金利が設定されているフリーローンを利用していたり、複数の会社から借り入れをしていると言った状況にある人は、より条件の良いフリーローンに「借り換え」することで大きく状況を改善できる可能性があります。おまとめローンのメリットいわゆる「おまとめローン」を利用することで得られるメリットには...

日々の暮らしの中では急な出費に見舞われることが多いものです。自宅の家賃や食費、生活費、それに税金や保険料の支払いに至るまでその可能性は幅広く存在します。仕事関連の飲み会費用や趣味やファッションのための出費で、数万円規模のお金が必要になることもあるでしょう。もしもそれらの金額を自費で賄えないような時に...